フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1週間の天気

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« くちなしの白い花 | トップページ | 流血騒動 »

2015年6月 8日 (月)

春の美術館講座へ

美術館で年2回開かれる講座へ申し込んで、行って来ました。 
 
『仏像の基本と仏像のなぞの解明』
 
これは行かないといけないでしょ!!
 
学芸員さんから午前と午後で3時間講義がありました。 
 
講堂は満席、皆さん熱心に聴いておられました。
 
レジメは3枚 たくさんの仏様の映像を交えながらの講義。
 
002
 
行ってよかったのは四天王の名前の覚え方を教えてもらえたこと!! 
 
『じぞうこうた』(地蔵買った・・関西弁で)と覚えて・・・国天、長天、目天、聞天
 
方角が麻雀で言う『東南西北』と覚えればいいってね。 
 
これで一生忘れない(・∀・)ニヤニヤ
 
高僧の見分け方も勉強になりました。 
 
空海は右手に五鈷杵左手に数珠を持ってて
 
最澄は頭巾をかぶっているお姿だそうです。
 
 
そして夜はNHKの日曜美術館で高村光雲の木彫『老猿』と 
 
高野山の秘仏、ご本尊の薬師如来を食い入るように見ました。 
 
『老猿』は教科書に載ってたのを覚えてるけど
 
解説者の言われた毛の一本一本を彫ってるわけじゃないけどそのように見える。
 
鳥の羽は薄く彫ってるわけじゃないけど薄く見えるというのは本当にそのとおりです。
 
 
 
私の香盒仏もそんな風に少しでも近づきたいものです。
 
003
 
 

« くちなしの白い花 | トップページ | 流血騒動 »

仏像」カテゴリの記事

コメント

なるほどぉ~~、麻雀の要領とは、良いこと聞いちゃった
私も四天王の配置がいつも分からなくて困ってたんです。
これで、すっきりしました。
ありがとうございま~す

kimiさん、こんにちは
さすが、勉強熱心です!
先日、京都へ行った時に タクシーの運転手さんがいろいろ説明してくれたのですが
解ったような解らないような・・・
神社仏閣 仏像のことなどなど 知って行くと もっともっと奥深い感じ方が出来て
旅も充実するのだろうと思いました
食べ物だけ追いかけていてはダメですね
「じぞうこうた」覚えました 次はそれぞれの意味でしょうか。。。

なんだか ちんぷんかんぷんだけども
すっごく 為になったってことは 伝わってきますぅ~
(≧∇≦)

kimiさんは 勉強熱心だなぁ~~~

四天王は最近彫ったのでまだ覚えていますが、
地蔵買うた、覚えておきます。

香合仏、薄いのに奥行きが深く見えますよ。

unit funさん
でしょ、でしょ。
私も名前と配置が???状態だったんです。
これで忘れないぞ

みっこけさん
( ´艸`)プププ食べ物の方がわかりやすいもんね。
京都の美味しいお店教えてくださいネ

それにつけてもタクシーの運転手さんは詳しい!!

まろんごぅさん
ありがとうございます。
ためになるんだけど、すぐ忘れちゃって。。。(*^m^)
でも地蔵こうたはゼッタイ忘れないぞ~

仏師さん
ありがとうございます。
お顔がね~(゚▽゚*)どんどん奥に行っちゃってちっちゃくなりますヾ(;□;)э
どうしたら彫りの深い顔になるんだろう。
きっと彫ってないけど深く見えるコツがあるんでしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の美術館講座へ:

« くちなしの白い花 | トップページ | 流血騒動 »