フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1週間の天気

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 片口 完成 | トップページ | 京都賞記念講演会へ »

2014年11月 9日 (日)

日本画勉強会

美術館のボランティアで勉強会がありまして
 
日本画家の先生が色んな手法を実践してくださいました。
 
砂子蒔き、もみがみ、金箔に墨線
 
005 004 007
 
たらしこみ、連筆の没骨法、水墨画のにじみ 
 
009 013 016  
 
筆1本で松の葉、ブドウ、ブドウの枝を描き分ける技
 
019 020 021
 
さすがプロの先生は違います。 
 
 
それに和紙だけでもいろんな種類があったり
 
岩絵具でも天然や新岩絵具、水干絵具など色々あるんですね。 
 
ちょっと水墨画もいいなぁ・・・なんて思ったりして/(^o^)\
 
いい勉強をさせていただきました。

« 片口 完成 | トップページ | 京都賞記念講演会へ »

ボランティア」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~~~
日本画は・・・敷居が高い~~~~
めっちゃ 難しそう
勉強会とかあるんですね
そういうの いいですね~~
でも 私的には 大津絵のが 入りやすいかも(笑)

まろんごぅさん
自分が書くわけではないので見てるだけなんで気が楽です。
解説用の基礎知識ってわけで・・・。
確かに大津絵の方が書いてて楽しいかも・・・上手く書ければの話ですけどψ(`∇´)ψ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本画勉強会:

« 片口 完成 | トップページ | 京都賞記念講演会へ »