フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1週間の天気

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 術後36日目と介護保険 | トップページ | 春までもう一息♪ »

2012年3月 6日 (火)

わたしの宝物(6)

マトリョーシュカです。

プーチン氏がロシア大統領に復帰したとテレビで放送してますが、

ご存知ロシアの木製のお人形です。入れ子になっています。

Cimg2440_edited Cimg2439_edited

18年前に、ウラジオストックで買いました。

義父がシベリアで捕虜になっていた収容所跡を探しに、

グループでシベリアへ探索旅行に行くことになって

海外旅行の経験を乞われた私と看護士の義妹が付いていきました。

特急『日本海』で新潟まで行って全国の同期の皆さんや奥様達16人と合流して、

新潟空港からウラジオストックへ飛びました。

1時間くらいのフライトだったのですが、同行したおじさまが

『こんな近い所で捕虜になってたなんて思いもしなかった。

本当にシベリアの氷の原野にいると思っていた。

この距離を帰るのに何年かかったことか。』とおっしゃった言葉が忘れられません。

ウラジオストックの空港では銃を手にした人たちに監視され、恐い思いをしましたが、

観光バスで収容所跡を探して走り回りました。

公式なガイドさん以外に、大学生二人がガイドにつきました。

レーニン像を見たり

電気をつけても暗いホテルに泊まったり

野菜といえば味の無い大きゅうりばっかりだったり

子供達に3色ボールペンのお土産を用意して、プレゼントしたり。

皆さんはだんだんロシア語を思い出して来られて、

夕食時にはロシア語で『カチューシャ』を歌ったり、私達にロシア語を教えてくださったり。

結局、収容所跡は特定できなかったんですが

帰りのウラジオストック空港で、同期でご住職の方が持っていかれた大きなおりん

(仏前でチ-ンとする物)が検査カメラで地雷と間違われて大騒動になったり。。。

義父は当時もうがんを患ってたんですが、同期のみなさん達とのウラジオストックの旅は

良い思い出になったと思います。

私にとっても、観光旅行ではない貴重な旅をさせて頂きました。

そのときに購入した大切なマトリョーシュカです。

« 術後36日目と介護保険 | トップページ | 春までもう一息♪ »

わたしの宝物」カテゴリの記事

コメント

普通の観光旅行とは 全然違う
ロシア旅行だったんですね~
kimiさんにとっても 忘れられない旅ですね。。
マトリョーシュカかわいいなっ

それぞれの思いがあって・・・忘れられない旅、貴重な経験をされたのですね
今は特急電車や飛行機があって あっと言う間ですよね
シドニーでも最近よくマトリョーシュカをよく見るようになりました
kimiさんのは ほんまものですね

maron-goさん
ロシアへ行ったというにはあまりに極東すぎておこがましいので
ウラジオストックへ行ったと言ってました。

今はマトリョーシュカも俳優やら政治家のがあるみたいですが
やっぱりこれ、女の子ですよね

みっこけさん
シベリアのことを義父は全く話しませんでしたので
ロシア語が話せるなんて思いもしませんでした。
つらい歴史が皆さんにあったと思います。

シドニーにもマトリョーシュカがあるんですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしの宝物(6):

« 術後36日目と介護保険 | トップページ | 春までもう一息♪ »